派遣先が合わない・無理な仕事を

ここ最近の日本の雇用状態は、少子高齢化で若い世代の労働力が減ってきています。大手の飲食店でも夜中の労働力が足りなくて、営業時間を短縮したり、お店を閉めてしまうこともあります。募集しても人が集まらないとのことなのです。 しかし一方では新卒学生の就職難が問題となっています。働き手が足りないのにこれはどういうことなのでしょうか。新卒学生が探しているのは大手企業の正社員がほとんどです。そういった仕事には人が集中するため、なかなか内定がもらえないのです。もし仕事を選ばなければ、働き口は意外とあります。 また働きたいお店や企業であっても、アルバイトや派遣といった場合があります。アルバイトから正社員になる人も中にはいます。いつか正社員になれるかもしれないと、アルバイトや派遣から働く人もいるでしょう。働き口がないよりは、多少時給の良い派遣を選ぶ人は結構います。目先の利益だけっをみると良いですが、やはり将来を考えると不安になります。 また派遣社員は色々な問題もあります。正社員と同じように仕事をしていても、手当などは低いものですし、必要なくなればすぐにきられてしまいます。無理なしごとを押し付けられたり、きつい仕事を無理してこなして身体を壊すかもしれません。かといって、できませんと断ると正社員登用の道が途絶えたり、雇用すら解約されるかもしれません。 若ければ他のを探しやすいかもしれませんが、年齢がいっていると新しい派遣先を探しにくくつい我慢してしまうことがあります。アルバイトで短時間であれば求人はあっても、ある程度の収入を確保するためには簡単に辞められない人もいます。家族がいればそうでしょう。しんどいから、嫌だからと言って辞められないものです。そのような働く人の気持ちを悪用すると、前述のようなしんんどい状況になるかもしれないのです。派遣だからと諦めずに、きちんと上におかしいことはおかしいと伝えられ職場環境であることが大切です。