派遣のたわごと

派遣会社の営業が合わない

2014 | 06 | 18

現在では広い範囲の業種にわたって派遣として働く方法が用意されています。派遣会社と呼ばれている会社を通じて仕事を行うことになるもので、立場上としては派遣会社に所属している社員となるために、派遣先の企業とは労使関係としては無関係になっていることが一般的になります。労働に関しては細かい規定などがありますが、実情としては派遣先の労働環境に遵守することも必要とされています。そんな中、営業職として勤務をしている方の場合では会社によって仕事内容が大きく変わることがあります。例えば電話営業などで商品を販売したり、取扱商品の販売価格が非常に高額なケースもあります。比較的簡単な仕事内容としては、商品単価が低く、ルート営業を基本としている内容になりますが、人によっては合わないケースも見られるために、派遣会社を利用する際には、企業情報として取り扱いアイテムの単価や販売方法などの、細かい部分にまで調べてみることがおすすめになります。

派遣だと派遣先で大きく左右されると

2014 | 06 | 18

仕事を見つける方法として、インターネットを利用して仕事探しを行うことが一般的に認知されるようになり、実際に利用者数も増えているものになります。そんな中、派遣として勤務を行う方法も用意されていて、求人サイトなどに掲載されている中にも数々の派遣のお仕事を目にすることができます。派遣の場合では、派遣先によって仕事が大きく左右されるという感触を持っている方も存在しているのですが、実際には一般的な正社員として仕事探しを行う方法と大きな違いはありません。異なる部分としては仕事を行うことのできる期間が限定されていることが多い傾向にあることと、雇い主が派遣先ではなく、登録を行った派遣会社になるために、会社で正社員として勤務されている方とは基本的に立場が変わることになります。現在では多くのケースで他の社員と同じような仕事を行うことになるために、所定の期間を勤務することによって、正社員同様にスキルを身に付けることができます。

昔の派遣切りはありえないと思ったね

2014 | 06 | 18

今の日本経済は、国際的な競争のあおりで労働コスト削減が進みました。その中で派遣という新しい労働方法が普及し、そういう形態で働く人が増えていきました。 誰もがそういう低賃金な方法で働くことを希望していたわけではなく、職が無くて仕方なくそういう状態で働いていたのに、経済状態が悪くなったからと言って簡単に派遣切りという首切りで、派遣労働者を切るなんてありえないです。 派遣という低賃金な労働環境で我慢して働いている人は、それだけ会社に貢献しています。それを逆に業績が悪くなったから切るなんて、恩知らずみたいでひどいやり方です。悪いのは業績を上げられない無能な上の方なんだから、派遣切りより上の方の給料を削って経費削減すればいい。 派遣切りにあった人達はどうなったのでしょう。あれだけ切られたら次の仕事先が見つからない人が一杯居るはず。そして生活出来なくて住むところが無くなった人とかどうやって生活しているのでしょう。さすがにもう次の就職先を見つけて無事生活していると思います。