自分の派遣形態を知っておくべき

現代は働くにしても、その雇用形態が様々あるのです。正社員、アルバイト、パート、契約社員、派遣社員、日雇いなど実に様々存在するのです。昔は働くといえば全て正規雇用の正社員であり、会社のルールや就業規則に縛られて、社員のプライベートや余暇などは二の次だったのです。働くことこそ人生の全てであったからこそ、世界に稀にみる高度成長期を迎えることができたのです。しかし現代は、自分のライフスタイル、生活リズム、趣味や余暇、適正、性格などに合わせて職業や働き方を選択できる時代になっているのです。企業に属さず、その日の日銭が稼げればいいという考え方であれば日雇いやアルバイトといった働き方が選択できるのです。将来の年金制度や蓄えを増やしたい考えであれば、正規雇用で働ききちんとした社会保険制度に加入すべきと言えるでしょう。また一つの企業だけにとどまらず、様々な企業を渡り歩き、自分のスキルアップや見聞を広めたいのであれば派遣社員や契約社員といった道が最適です。しかし派遣社員や契約社員は正社員と違い非正規雇用社員に属すので、自分の待遇面や派遣形態がどのようなものなのか、しっかり事前に把握しておくことが非常に重要なのです。派遣形態によっては任期満了で契約が終了し、それ以上自分が希望しても働かせてもらえないケースがあるのです。また更新制を設けた派遣であっても、企業側から契約更新を拒否されることもあるのです。また残業代に関しても、派遣にはそれが適応されないケースも多く、職場によってはサービス残業を強いられることもあるのです。しかし派遣社員は派遣会社から送り込まれた社員であって、働いている企業のルールや就業規則が適応されないのです。そのため待遇や雇用形態をしっかり認識し区別できなければ、企業側や派遣会社ともトラブルになるケースがあるのです。間に立たされたスタッフだけに立場的に弱い境遇でもあるため、それをよく心得た上で働き方を選択しなければいけません。